クラップス

クラップスはカードで賭けるゲームではなく、サイコロを使用して行うゲームです。
本場カジノでも人気のあるゲームです。自分がふったサイコロで、勝負がきまる運試しのようなゲームであるところはバカラと少し似ているのかもしれません。オンラインカジノにおいても楽しめるカジノゲームで、基本をマスターすれば決して難しくはないゲームです。

人気の秘密

  • 投げたサイコロ2つの出目で勝負が決まる、昔からある馴染みのあるゲーム。
  • 押さえておかなくてはいけない賭け方は、たったの3つ。
  • 勝敗が早くわかり、時間の無駄遣いがない。

クラップスは17世紀ごろから親しまれているゲームで、発祥地はフランスとされています。その後アメリカなどに行き渡り、敷居の高い人のみでなく一般家庭においても遊ばれるようになったと言われています。実際にサイコロを使用して、家族間でも遊べるゲームなのです

クラップスの遊び方

オンラインカジノでは、このクラップスにおいてプレーヤーは「シューター」と呼ばれます。
他のプレーヤーにより賭け金が定められます。これだけで、シューターはもうドキドキしているに違いありません。
サイコロが2つ投げ入れられると、ゲームのスタートとなります。

サイコロの出目

  • 7、11が出ればシューターの勝利
  • 2、3、12が出ればシューターの負け
  • 4、5、6、8、9、10であれば、サイコロの再投入となります。
    しかし、ここからが記憶に残しておかないといけないところなのです。再投入の後のルールは少し変わります。
  • 1投目と同じ数が出た場合は、シューターの勝利。
  • 7が出ればシューターの負け。
  • その他の場合はまた再投入となる。

では賭ける側は?

1<パスライン>
サイコロが振られ始めたら賭け始めます。台に設置されている、パスラインと書かれたラインにチップをおいていきます。1度ポイントが決まった後、追加で賭けることができます。
この賭け方を「オッズ賭け」と言います。

2<カム>
カムもパスラインに並んでクラップスの重要な賭け方で、賭けた直後のスローで7か11が出ると勝ち、2か3か12が出ると負け。それら以外の目が出たなら、7よりも前にその数字が出ると勝ち、7が出てしまうと負けとなります。しかし、カムは2投目以降しか適用されません。

あれ?ルールが違うという賭け方があるのがクラップスが難しいと言われてしまうところです。

3<フィールドベット>
フィールドベットは、賭けた直後の投入で2、3、4、9、10、11、12が出たら勝ちという賭け方。配当は賭け金を含めた2倍で、2と12では2倍もしくは3倍になります。

4<エニークラップス>
賭けた直後に2、3、12が出ると勝ち、それ以外は負けという賭け方。Crapsと書かれたところにチップを置き、払い戻しはなんと8倍にもなります。

5<エニーセブン>
賭けた直後に7が出ると勝ち、それ以外は負けという賭け方。Sevenと書かれたところにチップを置き、配当は5倍となります。

6<ホーンヘッド>
2、3、11、12といった出現率が低い目のいずれか1つへの賭けで、配当は3と11で15倍、2と12は30倍となります。

クラップスで楽しく遊ぶ

クラップスほど、資金管理が必要なカジノゲームは他にないと言えるくらい、資金が急速に増えたり減ったりするゲームです。バカラと同じく、ゲームの進行が早いため熱くなりやすいゲームなのです。クラップスでは、常に何かに賭けている状況になり、また、その賭けかたも色々あるため、気がついたら全資金を投資してしまっていたなんていうことになりかねません。その上、クラップスは始まりと終わりが他のカジノゲームと比べるとはっきりしていないために、シューターが7を出すまでゲームが続行されます。
sakuracasino.comでは、クラップスで遊ぶ前に上記で示した基本の賭け方をマスターしてから、プレイすることをオススメしています。


ビットスターズ
ワンダリーノカジノ